歳三忌

新撰組副隊長であった土方歳三の期日(歳三忌)は、旧暦の5月11日とされている。しかし、土方歳三の地元である日野市では、新暦の5月11日に近い週末に、土方歳三の法要と共に、新撰組祭を催して、この5月7日・8日に行なわれた。
土方歳三はクールなイケメンで女性に人気があり、その彼には琴という許嫁がいたそうである。新撰組祭では、その琴を選ぶという名目で和服美女コンテストが行われていた。
スポンサーサイト

コメント

土方歳三さん
どんなイケメンだったのかしら?
会いたかったなぁ
今の美人さん達見て、どう思うかしら?

2016/05/11 (Wed) 05:55 | みやび #- | URL | 編集
No title

 意外にも土方は、豊玉という俳号で俳句を遺しています。
 司馬遼太郎に言わせると、下手の部類に列せられています。
 参考までにこんな句を詠んでいます。
 「梅の花一輪咲いても梅は梅」(季語梅の三連投)
 「白牡丹月夜月夜に染めてほし」(夏と秋の季重なり)
 「願ふことあるかもしらず火取虫」(どこか心惹かれる。フォト575に遣えそう)
 鬼の副長とのギャップが面白い。

 因みに春旭の旭は、TVで土方を演じた栗塚旭の旭からとっています。

2016/05/11 (Wed) 10:07 | 春旭 #- | URL | 編集
Re:

みやびさん
写真で見る限りは、当時としては時代外れした感じだった様に思いますね。
みやびさん好みだったと思いますよ!^_^

2016/05/16 (Mon) 22:49 | ふらり #- | URL | 編集
Re: No title

春旭さん
有り難うございます❗️
たしかに、イメージと違ったところが、返って面白いですね‼️

栗塚あさひのファンでしたか‼️
彼の土方歳三は、豪快さが出ていたのではないでしょうかね。^_^

2016/05/16 (Mon) 22:55 | ふらり #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する