二の午

江戸時代には稲荷神社の初午や二の午の日に、地口行灯を掲げた風習があったそうです。今は殆ど行われなくなりましたが、千束稲荷では今でも地口行灯を二の午の日にかざしています。
地口とはダジャレのことで、諺や慣用句のダジャレと、その漫画を書いて行灯にしたものです。地口落ちとは、落語でダジャレの落ちの事です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する